【超簡単!大学芋の作り方】蜂蜜・水飴は使わない!揚げずに美味しい大学芋の作り方!

レシピ

最近では、冷凍でもお惣菜でも売られている大学芋。

甘くて美味しいのでたまに食べたくなってしまいますよね!

さつまいもが大好きな私のために、母が小さい頃から作ってくれていた「超簡単な大学芋の作り方」をご紹介したいと思います。

使用するもの


我が家の大学芋レシピに使用する材料をご紹介します♪

  • 蓋付きのプライパン
  • さつまいも(1本)
  • サラダ油(大さじ1杯程度)
  • 砂糖(大さじ3杯~)

以上です!

我が家では、砂糖のみで大学芋を作ります。

購入しても最後まで使い切れない水飴や蜂蜜は使用しません★

オススメ

砂糖を使用するので、焦げ付きが心配な方はダイヤモンドコートフライパンなど、焦げ付きにくいプライパンの使用をオススメします♪

こちらは、IH対応ガス火対応万能ダイヤモンドコートセットです!

私も使用しています。

さつまいも1本に対して、1番小さいサイズのフライパン(20cmのもの)でも全然OKでした!(その場合、油は小さじ1程度

スポンサーリンク

さつまいも

一概に「さつまいも」といっても色々な種類があると思います。

  • ふつうのさつまいも
  • 紫芋
  • 安納芋
  • etc..

ですが、こちらはお好みでOKです♪

どんなお芋にも合います\(^o^)/

安納芋を使用する場合は、お芋自体が甘いので、砂糖を控えめにするとお芋の元々の甘みを邪魔しないかな、と思います(^o^)

作り方


では、さっそく作り方をご紹介していきます★

「え、これだけ?!」と思われる方もいらっしゃるくらい超簡単です。

1:芋を切る

さつまいもは乱切りで、適当な大きさに切ってください。

子どもが食べる場合には小さめに、大人が食べる場合には大きめでもOK♪

私の場合は、太めの乱切りではなく、細めの乱切りにして自分の好きな細さ(芋けんぴに近いw)に調整しています。

よ~く洗って土を落とせば、皮付きでも全く問題ありませんよ\(^o^)/

2:フライパンに油をしく

まずは、熱したフライパンに油をしきます。

使用するフライパンの大きさと、フライパンの種類にもよりますが、油は少なめで結構です!

砂糖を使用するので、焦げ付きにくいダイヤモンドコートパンがオススメです(^^♪

油の量も抑えられます★

3:切った芋を炒める

最初に切っておいたさつまいもを、熱したフライパンに投入してください。

そして、まんべんなく火が通るように、中火で少し混ぜます。

スポンサーリンク

4:砂糖を入れる

さつまいもにある程度火が通ったら弱火にしてください。

ここで砂糖を投入します!

使用するものでは砂糖を「大さじ3杯~」と記述しました。

が、

実は、砂糖の量はお好みでOkなんです。

ここで投入する砂糖が、水飴やはちみつの役割をしてくれます。

要はカラメルみたいな感じですね(^^)

ちょっと周りが固めの大学芋がお好みの方は砂糖多め。

あんまりベタベタしない方がお好みの方は少なめ。

と、好みで調節してみてくださいね★

スポンサーリンク

5:蓋をかぶせる

砂糖を投入して少し混ぜたら、フライパンに蓋をしてください。

そうすることで、お芋にも火が通りやすくなり、砂糖も溶けやすいです。

蓋が白く曇ったら(水滴がつき始めたら)蓋をあけて軽く混ぜます。

先ほど紹介したダイヤモンドコートパンについている蓋は透明仕様なので、水滴が付き始めたかどうかがわかりやすいです♪

蓋をあけるときは、フライパンと蓋を並行にズラすようにして開けてください。
水滴が中に入ると油ハネをして危険です!
スポンサーリンク

6:完成

これで、あっという間に完成です。

材料も複雑ではないし、油ハネさえ注意すればお子さんでも作れちゃいます\(^o^)/

まとめ


今回、ご紹介した「超簡単!大学芋の作り方」は料理上手な母直伝の唯一頭に入っているレシピですw

私自身あまり料理が得意ではないのですが、この大学芋だけは何回も作ったのもあり

母より上手に作れるようになりましたw どんだけ芋好きやねん。

薩摩のおなごなので芋好きはしょうがない(*^^*)笑

手順をおさらいしてみましょう♪

  1. さつまいもを切る
  2. 油をひいたフライパンに入れる
  3. 炒める
  4. 砂糖いれる
  5. 混ぜる
  6. おわり。

みなさんも是非作ってみてくださいね(*^^*)♪

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました