スポンサーリンク

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

 

妊娠~産後まで使えるマタニティインナー、授乳ブラ。

ブラのタイプは大きく分けて4種類ありますが、自分に合ったブラでないと、授乳時にストレスを抱えることになりかねません!

今回は、タイプ別に授乳ブラのメリット・デメリットをご紹介いたします。

ぜひ、自分の生活スタイルや性格に合ったブラを見つけて、少しでも授乳時のストレスを軽減させましょう!

スポンサーリンク

マタニティブラ・授乳ブラって必要なの?

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!
妊娠すると、女性のカップ数は1~2カップほどサイズアップします。

また、お腹が大きくなってくるにつれ、ブラの締め付けがつわりの辛さを倍増させることもあるので、妊娠中から使える授乳ブラの購入をオススメします!

私の場合、妊娠初期からつわりによる吐き気や胃のムカムカが酷く、ブラの締め付けが苦痛に感じたので、早い段階からマタニティ期から使える授乳ブラを購入しました。

授乳ブラの種類は大きく見て4種類に分けられます。

それぞれの形やメリット・デメリットを比較したものを下に記載してありますので、自分にとって使いやすいブラをチョイスしてください(^^♪

↓ 授乳服・マタニティインナー・ベビー服など多数取り扱いのお店はココ! ↓

クロスオープン型

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

画像のように、フロント部分でクロスしているタイプのブラです。

メリット

  • お腹周りの締め付けがない
  • 授乳の際に片手で簡単に準備ができる
  • 母乳パッドがズレにくい
デメリット

  • 母乳パッドなしの状態だと服の上から乳首が透ける
  • 肩部分の調節ができない
  • サイズを見極めないと、乳房がはみ出て母乳漏れする
スポンサーリンク

フロントオープン型

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

画像のように、フロント部分にスナップボタンがついているタイプのブラです。

メリット

  • カップ全体を開くことができるので、授乳中に赤ちゃんの邪魔をしない
  • カップ付きなので乳首が透けない
  • 母乳マッサージや診察時に乳房を出しやすい
  • カップが大きいので乳房がはみ出ない
デメリット

  • ボタンを全部外すと、反対側の乳房も出るので授乳時に母乳漏れしやすい
  • 授乳後は片手でボタンをしめられない
  • 背中が開いた服を着ると、ブラが見える
スポンサーリンク

ストラップオープン型

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

画像のように、ストラップ部分にホックがついていて、授乳時にめくるタイプのブラ。

メリット

  • 授乳ブラに見えないデザインが多い
  • 胸をしっかりホールドしてくれるので安心感がある
  • 慣れると片手で簡単にホックを外せるので楽
  • 肩ヒモの調節ができるのでしっかりフィットする
デメリット

  • つわりがある場合、締め付けがキツく感じる
  • ブラの素材によっては、母乳パッドが剥がれやすい
スポンサーリンク

ウィンドウオープン型

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

画像のように、ストラップ部分にホックがついていて、乳首部分のみ開いているタイプのブラ。

メリット

  • 最小限の露出で授乳ができるので外出先でも安心
  • 授乳中もしっかりホールドされている
デメリット

  • 乳首の位置によっては穴からズレる場合がある
  • 授乳時に赤ちゃんが口に含みづらく、浅吸いになる場合がある
スポンサーリンク

ズボラさんにオススメのブラタイプはこれ!

【ズボラさんにもオススメ!】マタニティブラ・授乳ブラに迷ったらコレ!

赤ちゃんが生まれて母乳で育てようとすると、1日で多くて17回も授乳をしなければなりません。

特に、育児に慣れない新生児期~3か月頃までは、母乳量も安定しないので新米ママさんたちはとてもストレスを抱えやすくなります。

ブラの使い勝手が悪いと、抱えたくないストレスがもっと増えてしまいかねません(´;ω;`)

ストレスを抱えると、母乳の出が悪くなってしまうので悪循環ですよね(;^ω^)

そこで、普段からズボラな新米ママの私がオススメしたい授乳兼用ブラをご紹介したいと思います(^^)/

私がオススメするブラのタイプは、クロスオープン型です!

このように、かわいいデザインのものもあるんですよ~!

乳首が透けてしまう点は、マタニティ期はパッド付きのトップスで回避し、産後は母乳パッドを装着して回避しています。

ちなみに、私の妊娠前に使用していたブラのサイズはBカップ(A寄りのBでしたTT)

購入したフロントオープン型の授乳ブラのサイズはマタニティMサイズだったのですが、妊娠末期になるにつれてどんどん胸が大きくなっていったので、マタニティLサイズにすればよかったな…といった感じの着用感でした。

参考にしてくださいな(^^♪

透けるのは困る!(# ゚Д゚)という方には、

パッド付きのフロントオープン型ブラもありますよ★

ただ、種類はだいぶ限られてしまいますが(;^ω^)

なぜクロスオープン型の授乳ブラをオススメするかというと…

産後の深夜授乳は頭も回らないし、なにより眠いんです。

そんな中で、泣きわめく赤ちゃんに早くお乳をあげないといけない…!!

正直、めちゃくちゃ焦りますし、ブラがちゃんとしていないとなかなか赤ちゃんが上手くくわえてくれませんTT

フロントオープン型のブラだと、グイッと広げるだけで十分なスペースを確保できるので、すぐに赤ちゃんに授乳を開始できます!

ストラップオープン型は、ホックを片手で外すのにちょっと手こずります…(慣れれば簡単)

しかし、あくまで私の個人的な感想ですので、全員にあてはまるわけではないと思います。

自分の性格や生活スタイルに合ったブラを見つけることが大事(*^^*)

今回紹介した授乳ブラのメリット・デメリットを参考にしていただければと思います(^^)/