スポンサーリンク

知って得する!曜日の数え方”毎月第○何曜日”って?【こんがらがる雑学】

 

会社やお店でよく目にする、「毎月第〇何曜日休業」や「毎月第〇何曜日開催!」の文字。
例えば”第1火曜日”と記載されていて、その月の始まりが金曜日だった場合の”第1火曜日”っていつ?!もしかして、無い?!とこんがらがってしまいますよね。
今回はその数え方と、言い方の違いについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

こんがらがる「毎月第○何曜日」の謎。

知って得する!曜日の数え方”毎月第○何曜日”って?【こんがらがる雑学】
知人から聞いた、とある会社のお話です。
ある日突然、上司から「来月から第1・第3火曜日が休みで!」と言われ、社員の間で「月初めが金曜日だぞ!来月の第1火曜日はいつだ?!」と騒ぎになったそうです。

みなさんの会社で突然そんなこと言われたら、自信を持って「この日が第1火曜日だ」と言えますか?

例を挙げると、「毎月第1火曜日は休み」と言われたとき
①毎月の一番最初の火曜日が休み だと捉えますか?
②毎月の1週目に火曜日があった場合、その日が休み だと捉えますか?

①の場合はまだしも、②の場合だと休みがある月と、ない月が出てきますね…

①毎月の一番最初の火曜日が休み、の場合

①の場合、言葉の通り毎月一番最初の火曜日が休みになります。
知って得する!曜日の数え方”毎月第○何曜日”って?【こんがらがる雑学】
たとえばこのカレンダーで見てみると、1週目に火曜日がないので初めての火曜日は6月5日になります。
毎月1番最初の曜日第1火曜日ということは、この6月5日が第1火曜日ですね!

②毎月の1週目に火曜日があった場合、その日が休み。となると…?

②の場合、1週目に火曜日がなかったら、その月の休みが減ってしまうことになりますよね。
先ほどのカレンダーをもう一度見てみましょう!
知って得する!曜日の数え方”毎月第○何曜日”って?【こんがらがる雑学】
この場合、6月の1週目は6月1日~6月2日のある週ですね。
あれ…この週の火曜日を見てみると5月29日になりますよね…

6月は…休みが…ない…?!

いやいや、そんなの困りますよね。
学生・社会人・主婦、どんな職業の方でも休みは大事なものだと思います。
なんなら1日でも多く休みが取れると嬉しいし、休みなしで働き続けるなんて無理ですよね(・_・;)

”毎月第1火曜日”とはその月の初めての火曜日のこと!

知って得する!曜日の数え方”毎月第○何曜日”って?【こんがらがる雑学】
上記のように、①の場合や②の場合が考えられる「毎月第○何曜日」という表現ですが、例のように「毎月第1火曜日」と言われた場合に指す火曜日は①毎月の一番最初の火曜日になります。

これで休みが少なくなったり、イベントが開催されなかったりすることはなくなりますね!(安心)
日本語って難しい…(-_-;)

ちなみに、②の場合の表現は何というの?いちいち月日を書かなきゃいけないの?

「毎月第○何曜日」の表現が①とわかって安心したのはいいけど、それじゃあ②の場合はどういう表現になるのでしょうか?

②のように毎月の1週目に火曜日があった場合、その日を指す表現は「第○週目何曜日」という表現になります。

何が違うかわかりますか?
それは○週目の”目”が入るか入らないかです。
たった1文字で意味が変わってくるので、使用する際は注意したいですね。

”第○週”と”第○週目”では意味が変わってくるので注意しましょう!

あまり気にしていなかった方も、知っていれば損なし?!

あまりない話だとは思いますが、知人の話に出てきた会社のように、ある日突然「毎月第1火曜日を休みにしよう」と言われたとき、休みが少なくなったり取り損ねたりしないように、知っておくと損しない雑学として頭に入れておくといいかもしれませんね^^

ちなみにmin.は毎日が休みにならないかな~と毎日天に祈っています。